閉じる

ワークショップを設計するためのフレームワーク。ワークショップを実施するために必要な時間設計、場の設計、ファシリテーションのポイント、備品の確認を、整理することができます。ファシリテーションの設計やチーム内での共有用にご利用ください。

登録してダウンロード

使い方

  1. 設計するワークショップを特定しタイトルを書く
  2. 開催日時/所要時間等、条件を書き出す(あとから追記でもOK)
  3. 「参加者の特性・課題意識」「ワークショップのねらい」を熟考して書く
  4. 「ワークショップの流れ/ポイント」に、外せないポイントを書き出す
  5. 「実施内容」と「実施内容詳細」を上から順番に書き出し、流れを抑える
  6. 時間配分を検討し時間内に収まるように調整する
  7. 「ファシリテーションのポイント」を書き出す
  8. 「備品/環境」を書き出す
  9. 設計したものをシミュレーションする
  10. シミュレーション結果を元に、再度ブラッシュアップする
  11. 準備するものをチェック、追記する

使い方の参考資料

参考情報

登録してダウンロード